成分分析:「ルベル イオ リラックスメント シャンプー」

コスメ

みなさんこんにちは、穂波です。

本日も、具体的にシャンプーの分析をしていきます!

あなたの頭皮に合ったシャンプーを見つけるお手伝いができたら、うれしいです!

本日分析するシャンプーは、「 ルベル IAU イオ リラックスメントシャンプー」!

こちらも、サロン専売品で有名な「LebeL(ルベル)」から出ているシャンプーです。
…といっても、この「イオ」シリーズは、東急ハンズやロフトなんかで売られているのもよく目にしますね!

…さて、どんなシャンプーなのでしょうか…?

商品概要

まず成分の前に、価格などの商品概要をチェックしたいと思います。
(基本的に情報は公式HP・Amazon・楽天から引用)

【容量】600ml

【価格】3960円(6.6円/ml)

【香り】ローズグリーンの香り

【うたい文句など】
ドライ地肌をうるおい仕上げ。
植物由来100%の洗浄成分で洗い上げるシャンプー。
クリーミーな泡で地肌すっきり、髪なめらか。
use for
・乾燥が気になる肌質
・ダメージが進んでからまりやすい

※他の商品と価格を比較する際には、ぜひ1g/mlあたりの価格で比べてみてください。
今回はボトル入りの値段を記していますが、詰め替え用を買うなどすれば、やや費用は抑えられるかもしれません!

また、この「イオシリーズ シャンプー」は、今回取り上げた「リラックスメント」のほかに「フレッシュメント」「クリアメント」(種類違い)もあるようですね。

種類によって、香りが違うだけでなく、メインの洗浄成分にも違いを出しているようです。

ちなみに、今回の「リラックスメント」が、洗浄能力&肌刺激はいちばん優しいっぽいです!

成分

では、実際に成分を確認していきましょう!

【全成分】
水、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドメチルMEA、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、BG、ポリクオタニウム-64、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

1「ココイルメチルタウリンN a」「ラウロイルメチルアラニンN a」

…これらは陰イオン界面活性剤ですね。

まず、「ココイルメチルタウリンN a」が「タウリン系」の洗浄成分です。
DEMI フローディア」にも使われていましたが、「アミノ酸系」洗浄成分より、やや洗浄能力が高いかな…という感じです。

次に「ラウロイルメチルアラニンNa」は、同じく「DEMI フローディア」や「セラブライト」にも使われていた、アミノ酸系の洗浄成分ですね。

2「コカミドメチルMEA」「コカミドプロピルベタイン」「ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン」

…「コカミドメチルMEA」は、非イオン界面活性剤、「コカミドプロピルベタイン」「ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン」は、両性イオン界面活性剤で、両方ともシャンプーの泡立ちを補助する働きがあります。
すべて、非常に低刺激な成分ですよ。

以上、1&2が、メインの洗浄成分ですね。

「DEMI フローディア」の洗浄成分とかなり似ていますが、こちらの方が、入っている陰イオン界面活性剤の量が少ないので、洗浄能力としては「DEMI フローディア」>「イオ リラックスメント」>「セラブライト」という感じでしょうか。

3「グリチルリチン酸2K」

…こちらは、化粧水などのスキンケア用品にも頻繁に配合される、抗炎症効果が期待できる成分ですね。

シャンプーだと「セラブライト」にも入っていました。
敏感肌でも使いやすい成分で、頭皮が痒くなりやすい方、赤みが出やすい方などには、うれしい配合成分ですね。

4「ポリクオタニウム-○」

…今まで見てきたシャンプーにも大体配合されていましたが、基本的には、指通りをよくするなど、毛髪のコンディショニング効果が見込めます。

以上3・4が、その他気になった成分、という感じです。

ここのところ分析してきたシャンプーと違って、植物オイルやエキスが入っていませんでしたね!

敏感肌適正を追求したい方は、こういうシャンプーのがよいかもしれません。

ただ、香料は入っているようなので、そのへんの徹底ぶりは「セラブライト」が群を抜いているわけなのですが…ww

まぁ、(私もそうですが)敏感肌適正は、可能な限り追求したいけど、シャンプーからはいい香りがしてほしい!という方にはかなりフィットする商品かもしれません。

総合評価

・タイプ:C「アミノ酸系」

・安さ…★☆☆

・洗浄力…★★☆

・低刺激性…★★☆

・保湿力…★☆☆

こんな人におすすめ!

・整髪料を使う日が多い

・が、低刺激なシャンプーを求めている

・シャンプーの香りは大事

・だけど、敏感肌に合わない可能性のある成分は極力入っていない方がよい

いかがだったでしょうか?

前回の記事で、今使ってらっしゃるシャンプーのタイプも調べてみて、相性を考えてみてください!

みなさんが、かわいくかしこくいられますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました