ジェルネイル通いをやめてみて、分かったこと。

ネイル

みなさんこんにちは、穂波です。

本日は、大学卒業と同時にウキウキで4年間ジェルネイルを続けてきた私がジェルネイルをやめた理由、やめてから感じるメリット・デメリットを紹介したいと思います。

ジェルネイルをしているが、やめようか迷っている

そもそも、ジェルネイルをしてみようか迷っている

…という方の参考になれば、嬉しいです。

・ジェルネイルをやめた理由

①時間

…私は特に、家から遠いサロンに通っていたということもあり、行くたびに、「移動時間がもったいないな…」と感じていました。

それでもやはり行けば、自分ではできないかわいいネイルをしてもらえますから、テンションも上がって、「月に1回のことだし!」と通い続けていました。

ただ、通っていた当初から「予約のわずらわしさ」は感じていました。
大体は行った時に次の予約も入れるのですが、急用が入ってしまって変更せざるをえない、となった時、次に取れる予約日がかなり先で…
せっかく可愛かったネイルが、のびのびになっちゃったり、剥がれてしまうことも。
…正直これは、会社員をしながらネイルをしている人なら「あるある」なことだと思います。

ただ、やめる大きな転機になったのは、「大好きなコスメの分野で、インフルエンサーになりたい」と、自分の目標が決まった時でした。
時間があるなら、ブログを書いたり、Instagramを作成したり、資格の勉強をしたい!と思うようになりました。
そうなると、ますます「移動時間も、施術時間ももったいないかも…この時間で、あれもこれもできるのに…」と、なっちゃいました。

②お金

もう一つの理由はお金です。

やはり、月に1回は「ネイル出費」があります。私はさらに、「お金のためにやりたいデザインを我慢したくない!」タイプだったので、かかる時は1万円ほどかかることも……

もちろん「かわいいんだからOK!」の気持ちもありましたが、「どうせ1ヶ月後には外れちゃうんだよな……」「これ、半年ガマンしたらCHANELのピアス買えるやん……?」という気持ちも正直ありました。

CHANELのピアスはあくまで私がほしいものの一例ではありますが(笑)、「今ネイルにあてているお金で、他に欲しいものがある」というのであれば、卒業を考えてもいいタイミングなのだと思います。

③シンプルなネイルを好むようになった

あとは、アラサーになるに従って「デコラティブなネイルよりも、シンプルなネイルがオシャレに感じるようにな」ことも大きいです。

20代前半は、デコラティブなネイルこそが正義!で、会社の規定のギリギリを狙いながら(笑)、派手めな色にしてみたり、ストーンを持ってみたり、有給の時には推しキャラを描いてもらう、いわゆる痛ネイルにしてもらったり……まーーいろいろやっていました(笑)

ただ、25をすぎてくると、好みも変わってきて、なんだかゴテゴテしたものよりも、ワンカラーのネイルが素敵に見えてくるようになりました。……いろいろやり尽くして、もう飽きた、ということもあるかもしれません(笑)

有名メイクアップアーティストの小田切ヒロさんも、著書(「捨てる美容」)で、

「大人になったら、デコラティブなネイルは卒業。日常的に美しい手元をキープしたいなら、素肌の延長のようなヌードベージュのネイルが最強。」

小田切ヒロ「やりすぎないからキレイになれる 捨てる美容」

と仰っていて、それにすごく納得したのも一つあります。


・ジェルネイルをやめてからの、メリット

①時間とお金が浮いた

これは思惑通りですね。とくに私の場合、時間が大きかったです。

この時間……無駄かも……」と思う時間が(月に1度とはいえ、)人生にあるかないかは大違い!

結局CHANELのピアスはまだ購入には至ってないんですが(笑)、カツカツだった月々の予算も浮いたので、「何を買えば、自分はもっと素敵になれるかな」と考える余裕ができたのも◎

②自分だけの楽しみ・スキルを持てた

ジェルネイルをやめても、やはり、「指先をキレイにしておきたい」という気持ちはありました。

なので、やめてからは、ネイルケアを勉強したり、ポリッシュを探したりするように。

もちろん、ずっとジェルネイルをしてた身なので、めんどくさい気持ちもありましたし、「自分でやっても綺麗にできないし、すぐ剥げそう」という気持ちも大きかったです。

でも、今はYouTubeやInstagramで、「長持ちさせる、キレイな塗り方」や、「甘皮処理などのネイルケアの方法」がすごく分かりやすく、しかも無料で勉強できます。

なので、「べつにずっとポリッシュ塗ってなくても、塗りたい時に塗ればいいや」くらいの気持ちで、ちょこちょこやっていると、今は10日ほどは持たせられるようになりました!

仕上がりも、自分の満足のいくようにできるように。

このスキルを得たことは、サロンに通っていたらできなかったことだし、また「ポリッシュの新作や人気色をチェックする」というのも、今までには知らなかった楽しみとして増えました。

私はポリッシュですが、これは「自分でジェルネイルをやる」という方にも当てはまる話かと思います。

…芸能人や手のモデルじゃないんだもの。
自分の好きなように、ちょっとずつでも成長できたら儲けもんかな、と思います。

③どんな場面でも堂々といれるように

これも「ジェルネイルをしているOLあるある」だと思うんですが、自分好みのネイルにしてもらった!と思ったら、急に営業の予定が入ったり、お偉いさんと話す機会があったりして、「大丈夫か、これ…目つけられないか…」と不安になる現象。
(あるいは、OLに限りませんが、冠婚葬祭が急に入る、ということもあるでしょう)

そうなると、どうしても手元を隠しがちになったり、「カモフラネイル」に頼らざるをえなかったりします。


これが、どうしても気が散っちゃうんですよね…お偉いさんの話よりも、自分のネイルが気になっちゃうわけです(笑)

「カモフラネイル」を使ったとて、そこまで綺麗に隠れるものでもない(ストーンなどがついているとむしろ汚く見えちゃう…)ので、これまた気になる(笑)

そしてふと、「なんか…私、スマートな大人からは程遠いな!?」と思ったわけです。さしづめ気分は、「怒られたくないけど、オシャレのため、先生にバレないように校則違反を図る高校生」…

…それが、ポリッシュに変えると、そのイベントに合った爪でいれるので、一瞬一瞬を大切に美しく、どんな場面でも堂々と目の前のものに集中できる大人に、少し近づけた気がするのです。

・ジェルネイルをやめてからの、デメリット

・ネイリストさんとの交流がなくなった

私は、ずっと同じネイルサロンに通っていたので、ネイリストさんとは4年ほど、月に1回、2時間ほどお話ししていました。

…そう、下手な友達よりよく喋る仲だったのです。

推しの話、恋愛の話、家族の話…時にはプレゼントをしあったり…もともと「アニメ好き」という共通点があるのもあって、かなり仲良くなっていました。

そんなネイリストさんと会えなくなるのは少し寂しいですね。
(きちんとご挨拶もしましたが、正直、ちょっと気まずさもあります…)

・ジェルネイルをやめてみて、今後?

…ということで、ジェルネイルをやめてみて、思うつれづれをひとしきり書いてみました。
…共感していただけるところはあったでしょうか?

私は今後、「習慣でやるのではなく、やりたい時にやる」ようにするつもりです。
もちろん、ポリッシュやセルフネイルだと限界がありますし、ライブの時など、ぜひやりたい時は遠慮せずにやろうと思っています!
ただそのあとはオフだけして終わり、という選択肢も考えておく、という感じ。

みなさんはどうでしょうか?

今ジェルネイルをされてる方も、しようか迷っている方も、(世の中のものはなんでもそうですが…)ジェルネイルはお金も時間もかかるものです。

それを踏まえて、「自分にとってジェルネイルがどういうものか」一度考えてみるのもよいと思います!そうすると、自分にとっての正解が、見えてくるかも…

あなたの明日が、少しでもかしこくかわいくなりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました