メイクブラシ/パフ/スポンジは同じ洗剤でOK?

コスメ

みなさんこんにちは、穂波です。

本日は、「メイクブラシ・パフ・スポンジ用洗剤」についての考察です。

100均のパフ用洗剤と、デパコスの洗剤では違うのか?

ブラシとスポンジ・パフは同じ洗剤でいいのか?

だめな洗剤を使うと、どんなことが起きてしまうのか?

このあたりが気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね!

Q1:ブラシ・パフ・スポンジは同じ洗剤でOK?

A1:NO。だめです…。

私も、全てのツールを何も考えず、ダイソー「パフ・スポンジ専用洗剤」で洗っていました。きれいになるし、これでいいでしょ!てな感じで。

しかし、いろいろと調べてみるとダメなんですよね…

▼なぜか?

ぶっちゃけ、パフとスポンジは同じ洗剤でいいのですが、ブラシは、ものによって素材が違います

素材とは、天然動物毛やナイロン毛、ポリエステル毛など…ですね。

(たとえば、私の持ち物を調べてみたところ、広島旅行に行った時に奮発して買った熊野筆のブラシは山羊毛=天然動物毛ですし、シックスプラスのブラシはナイロン毛でした!)

この素材によって、合う洗剤・合わない洗剤が存在します

(具体的には、「ナイロン毛に酸性洗剤を使うと傷みやすい」とか「ポリエステル毛にアルカリ性洗剤を使うと傷みやすい」…とかがあるわけです。)

……やってられんわ!!!!

…ですよね?

だって、ほとんどの方が「ブラシはぜ〜んぶ、天然動物毛で揃えておりますの♡」というわけではなく、100均で買ったものもあれば、奮発してデパコスで買ったものもあれば…てな感じで、混ざっているのが実情だと思いますし…

筆が入っていた袋だの外箱だのは、とっくのとうにゴミ箱行きで、自分の家にあるブラシ達も、「おまえの正体、何者?」状態。

「この眉ブラシは動物毛、このチークブラシはナイロン毛よね…」と、把握されている方の方が珍しいのではないかと思います。

なので、「ブラシの種類ごとに洗い分ける」なんて、忙しい私たちには、非現実的。

どんなブラシでも、ブラシを傷めず、肌への刺激も最小限に、どいつもこいつも一気に洗える方法で、乗り切りましょう。

▼すべてのブラシをイッキに洗える方法は?

おしゃれ着洗剤で洗うこと!

化粧品解説の大家、かずのすけさんも、本やブログでかねてより推奨されている方法です。

(くわしい手順は、かずのすけさんの記事:コチラをご覧ください。私も非常に勉強になりました!)

ちなみに、かずのすけさんはおすすめの洗剤として「エマール」を紹介してらっしゃいますが、「エマール」は香料が入っているんですよね…

化粧品って(デパコスは特に)もともと匂いがするものもあるので、化粧品の匂いに加えて、ブラシにまで匂いがつくと、ちょっとウッ…としそう…という方は、かずのすけさんがプロデュースされている、コスメブランド:セララボのファブリック洗剤が良いかもしれません。

セララボのファブリック洗剤は無香料で、もちろん成分も、エマール同様、どのブラシにも使用可能です。

ただ、何にせよおしゃれ着用洗剤で洗うとなると、かずのすけさんのブログにもあるように、まず水溶液を作るところから始まるんですよね…うーんチョットメンドクサイ…ww

では、どうすれば最も効率的に、手間数少なく、ブラシをキレイに保てるのか?

次回はそれを考察したいと思います! ご期待ください。

あしたも、かわいくかしこく、生きれますように♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました