アウトバストリートメントの種類

コスメ

みなさんこんにちは、穂波です。

本日は、前回の続きで、「アウトバストリートメント」の種類によって何が違うのか、を解説していこうと思います。

「ヘアオイル」と「ヘアミスト」では何が違うの?

自分の髪には、どの「アウトバストリートメント」が合うの?

という方は、参考になると思いますので、ぜひご覧ください!

そもそも「アウトバストリートメント」とは何ぞや?という方は、前回の記事もぜひ読んでみてくださいね。

アウトバストリートメントの種類、4つ

  • ヘアオイル
  • ヘアクリーム(エマルジョン)
  • ヘアローション
  • ヘアミスト

だいたい、市場にあるものはこの4つに分類されるかと思います。
では、この4つの違いは何か…? さっそく、チェックしてみましょう。

4種の違い/メリット・デメリット

4種の違いを理解するために、正反対の性質を持つ、「ヘアオイル」「ヘアミスト」の特徴から見てみましょう!

画像は管理人が手書きでつくっています。

ざっくり言うと、上記イラストの通りですが、もう少し詳しく説明してみます。

ヘアオイルのメリット

・ツヤツヤ・サラサラの質感が演出できる・比較的、毛髪への美容効果が高い

ヘアオイルのデメリット

・水に流れにくく、落としにくい。
うまく落としきれなかった場合、髪にオイルが蓄積してしまい、臭い、ベタつきの原因になる。
※特に、「シリコーンオイル」「椿油」は蓄積しやすい。

・ヘアオイルをつけて、日中外に出る場合、酸化しにくいものを選ぶ必要がある。
(一部のオイルは日光が当たると酸化=品質変形してしまい、これまた髪のダメージの原因になります。)

※比較的酸化しにくいのは、「アルガンオイル」「コメヌカ油」「ヒマワリ油」

※「ホホバオイル」は、オイルの中では比較的水に流れやすい&酸化しないので、オススメ。「ホホバオイル」は、入っていると他の成分の抗酸化力を底上げしてくれる、素敵な効果があります。

ヘアミストのメリット

・軽いテクスチャーで使用できる。

・成分の大半が「水+エタノール」であるため、水に流れやすく、成分が髪に蓄積しずらい。

ヘアミストのデメリット

・毛髪への美容効果がうすい。

こんな感じです。「ヘアクリーム」「ヘアローション」はそれぞれの中間的な立ち位置、というイメージですね。

まとめ

ヘアオイルは、それなりの洗浄力のあるシャンプーで、きちんと毎日洗髪する/成分を確認するのが苦じゃない/髪にツヤを出したい人に向いています。

一方、「ヘアミスト」は、湯シャンの日もある/成分を確認するのは面倒/軽さを出したヘアスタイルが好き、という人に向いています。

前回のシャンプーの話とも組み合わせると下記のようにまとめられるかと思います。

アウトバストリートメントを使った、おすすめルーティン!

背中ニキビにお悩みの方、頭皮が弱めで、とにかく肌刺激を抑えたい方へ!

 =洗浄能力低めシャンプー × 軽めアウトバストリートメント(ヘアミスト〜ヘアローション)

背中ニキビ対策もしたいし、頭皮刺激は抑えたいけど、髪のツヤも大切にしたい方へ!

 =洗浄力中〜高めシャンプー×重めアウトバストリートメント(ヘアクリーム〜ヘアオイル)

もちろん、「毎日同じやり方」にする必要はなく、いずれにしても、週1回程度、スペシャルケアとしてインバストリートメントを使ったり、カラーやパーマをした直後のみ、インバストリートメントを使う…なんて方法も非常によいかと思います!

いかがでしたか?
アウトバストリートメントをうまく取り入れて、美しく健康な髪&頭皮&背中を手に入れてゆきましょう!

明日のあなたがもっとかわいくかしこくなりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました